logo.gif  熊本天草の通詞島の釜炊き塩、天日塩。

本当の意味での海水塩。

一般に塩の多くは、外国産の原塩(岩塩)ににがりを混ぜるなどして再製したものです。ソルト・ファームの「海水塩」は、美しい天草の海水を原料として丹念に創った昔ながらのお塩です。塩は大変デリケートな海のエキスです。大量に仕上げるため高速の遠心分離器などを使用しますと、まろやかさが無くなり、単に辛いだけの塩になってしまいます。気長に作るというよりは「育てていく」ことで味に優しさが出てきます。人類の細胞は、海から誕生したと言われています。そのことを証明するように、人間の体液や母親の羊水の成分は、海水の成分とよく似ています。


use_img01.jpg

料理をより美味しく

通詞島の天日塩や釜炊き塩を使うととても美味しくおにぎりがいただけます。また、焼く・煮る・蒸す・揚げる・漬けるなど調理のあらゆる場面にひとつまみ添えることで、食材の旨味を一層引き出します。
「天然本にがり」を炊飯時に少量入れると、お米とにがりのミネラルが程よく溶け合い、よりふっくらと炊きあがります。米3合に対して小さじ1杯弱を目安にお使いください。また、料理の「ひと味足りない」時に数適いれると一層美味しくなります。

にがりって?

「にがり」は、海水塩を作る過程において分離した液体で、身体の機能維持に欠かせない自然のマグネシウム・カリウム・カルシウム・亜鉛など大切なミネラルを含んでいます。豆腐作りに欠かせない「にがり」は、万能調味料として幅広くお使いいただけます。

ページの先頭へ