働き方

海外で就職活動することはできる?

最近増加しているのが、長引く日本の不景気の影響からか、海外で就職活動をする人たちです。

近頃増えているのが、仕事を海外で得るために海外を視野に入れた就職活動をしている人たちなのです。

インターネットの普及により、情報化社会になったことも、海外での就職が増えている背景としてあげられるでしょう。

いろいろな国の仕事情報を、リアルタイムで入手することが、日本に居ながらにしてできるようになったのです。

以前と比べてさほど、海外に行くことが珍しくなくなったこともその理由として挙げられるかもしれません。

 

海外専門の就職活動サイトが増えてきている

海外専門の就職活動サイトも、海外での就職を希望している人のためにたくさんあるといいます。

海外の求人情報だけではなく、ビザについてや滞在国の安全情報、家探しの方法、銀行口座の開き方など、生活に密着した情報を提供してくれるところも多いのが、海外就職活動サイトの特徴です。

海外の詳しい内容が、日本に居ても事細かに理解できるということです。

大きく日本と異なっている点としては、インターンシップなどの経験を、海外での就職活動の場合には問われるケースが多々あることです。

職業体験ができる制度のことを、インターンシップと呼んでいます。

海外での就職経験が無い場合、インターンシップを受けるなど、実務経験を通して専門知識をさらに深めることが必要不可欠といわれています。

おおむね海外での就職活動の場合は、より実務的な経験や専門知識が求められる傾向が強いようで、国にもよりますが就職試験や面接が大切な日本とは随分と異なる場合が多いといえるでしょう。

 

アメリカでの就職について

かなり日本とアメリカの就職事情は異なる部分が多いといいます。

特に大きな違いは、アメリカでの新卒者の就職には学歴がとても重視されることです。

学歴は関係あるの?

最近日本で多くなってきているのが、就職での学歴偏重を払拭するためれに学歴一辺倒ではない採用基準をとっている会社です。

大学院を卒業していても就職に有利になるわけではありません。

院卒者の初任給も新卒者と同じくらいという会社が一般的だといわれています。

日本の企業採用は、入社後伸びる可能性を重視し、業務知識の有無を問わないポテンシャル採用です。

反対に就職にプラスになるのは、アメリカの場合修士号や博士号をもっているという人です。

新卒者でも専門的な技術と実務経験を持っている、即戦力であることを重視します。

大学の専攻内容も重視されますし、成績も重要です。

 

アメリカの銀行に就職できる?

アメリカでは新卒者で銀行に採用される人のほとんどが、ビジネス専攻、経済学専攻、ファイナンス専攻の人となっています。

一方日本では、どの学部で学んだかはあまり重視されません。アメリカの就職では大学時代の成績も重要なので、大学生は必死に勉強をします。

レポートや課題をこなして、非常に多くの宿題をこなし、積極的な発言が求められる授業に出席して良い成績を残すことが、就職に有利になるのがアメリカの特徴です。

 

アメリカでの就職にはソーシャルメディアを活用する

アメリカの就職活動の特徴は、インターネットを使うことがとても多いことです。会社によっては、エントリーと必要書類の提出はメールで行います。スカイプや電話を採用面接に活用しているところもあるといいます。

アメリカの国土が広大であることや人材を世界各地から採用することがあることに関係しています。アメリカの都市はニューヨーク、ロサンゼルス、シリコンバレーと国内に散らばっています。

飛行機の費用が、採用面接のたびにそれぞれの都市まで行っていたら、かなりかかってしまいます。

 

SNSを有効活用する

近ごろではソーシャルメディアといわれるFacebookやTwitterなどが就職活動で使われているといいます。ソーシャルネットワークを利用して就職活動をすることで、より採用の可能性が高くなるという調査もあります。

世界中のどの人とでも今ではソーシャルメディアを利用すれば3人を介せばつながれるという研究結果もあります。アメリカの就職では、本当に必要な情報は公開情報にはならず、人づてで伝わると言われています。企業もソーシャルメディアを積極的に使って人材を探しています。

セルフブランディングをソーシャルメディアを活用して高めておくことは、アメリカで就職のチャンスをつかむためには今や必要不可欠になっているのです。