MENU

【東京・六本木】文喫六本木は混雑してる?1,650円の入場料を払って堪能してきた!

1,500円の入場料を払う本屋さんがあることをご存知ですか?

「入場料が必要な本屋さん!?料金が結構高くない?」

私も最初は同じことを思いました(笑)。

中には、「何だか敷居が高そう…」と中々足を踏み込めない人もいるかもしれません。

今回訪れた六本木にある「文喫(ぶんきつ)」は、制限時間はなく一日中利用できるブックカフェです。

一人時間を過ごすのにピッタリなんですよ!

2021年春には福岡にも新店舗ができ、どんどん拡大中です。

文喫はどのようなシステムなのか、店内はどのようになっているのか、確認しに行ってきました!

気になっている方のお役に立てれば嬉しいです。

※2020年3月3日に訪れました。写真を掲載していますが内観など変更になっている可能性があります。情報は最新のものに随時更新しています。

目次

「文喫(ぶんきつ)」とは

六本木駅から徒歩1分の場所に「文喫」はあります。私は六本木に行くのは2回目だったのですが、進む方向さえ間違えなければ、迷わずに行けます。

「文喫」は、2018年12月に青山ブックセンターの跡地にオープンし、「入場料を払う本屋」として、話題になりました。

「本と出会うための本屋」が文喫のテーマとなっています。

本との一期一会の出会いを大切にしているため、同じ本は1冊もないのだそう。

文喫の入店からの流れ

文喫のたしなみ方

入場料 1,500円(税別)※土日祝は1,800円(税別)

一、総合受付で入場バッジを受け取る

二、飲食受付で珈琲・煎茶(おかわり自由)を受け取る

三、じっくりと本を選び、好きな席で過ごす

四、意中の一冊と出会うかもしれない

五、店内の全ての本が購入可能

六、お帰りの際は入場バッジを受付に返す

出典:https://bunkitsu.jp/

営業時間は9:00から23:00まで。

1日中滞在することもできるんです。

文喫 六本木

東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F

TEL 03 6438 9120

9時〜23時(L.O.22時30分)

不定休

入場料1,500円(税抜)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

オホーツクを中心に食べ歩いた思い出を文章に残しています。北海道で主に出かけるのは、帯広市、旭川市、釧路市。好きなものは焼肉、お寿司、ラーメン。パンよりゴハン派です。

目次
閉じる