アイドル応援方法

アイドルのペンライトルールとは?キンブレは使用してもいいの?

 

アイドルのコンサートに初めて参加するけど、どんなルールがあるの?

ペンライトって自分で用意してもいいのかな?

初めてのコンサートはわからないことも多くて、緊張しますよね。

 

そこで今回はコンサートや舞台を楽しむためのペンライトマナーについてご紹介します。

キンブレを使用してもいいのかもお伝えしていきますね。

 

ペンライトやうちわは胸の高さで

ペンライトやうちわは、胸の高さより高く上げたり、前後左右に大きく振ると、ほかのお客さんの迷惑になります。

ペンライトは自分の身体におさまる範囲で振り、うちわは胸の高さ以上に上げないようにしましょう。

うちわは大きいので上に上げると後ろの人が見えなくなりますし、ペンライトは両隣の人や前の人に当たってしまいます。

 

でも、推しのメンバーが近くに来ると、テンションが上がり、ペンライトを大きく振りたくなってしまいますよね。

 

くまこ
くまこ
その気持ちわかりますよ… 

 

でもトラブルに繋がってしまったら、公演を楽しめなくなってしまいます。

自分はよくても周りの人が嫌な思いをしてしまう可能性があるので、迷惑にならない範囲で思いっきり楽しみましょう。

 

舞台でペンライトやうちわはOK?

ところで、アイドルが出演する舞台も多いですが、観覧の際にペンライトやうちわを使用してもよいのでしょうか?

 

結論から言いますと、舞台は基本的にはうちわやペンライトを持ち込むことはできません。

 

会場にはファンのほかにも、純粋にお芝居を見に来ている方もいます。

ペンライトやうちわは、公演の妨げになってしまうのです。

 

ただ、ミュージカルなど使用可能な公演も一部あります。

メール伝言板などで「ペンライトやうちわの持ち込み可・不可」を確認できるので、見に行く舞台のお知らせをチェックするようにしてください。

 

アイドルのコンサートはキンブレ禁止?

アイドルのコンサートは、ペンライト以外の光るものの持ち込みは禁止となっています。

では、キンブレはOKなのでしょうか?

 

キンブレは、基本的には禁止です。

ただ、持っているからといって没収されることはありません。

 

「公演中照明や演出の妨げになる光度の強いペンライトは使用できない」

とアイドルの公式ホームページにも書かれています。

 

キンブレの光度は調整できるものもあるので、光をおさえることはできます。

ただ、遠くから見ても明らかに公式とは違うのがわかります。

推しのメンバーに見てもらいたい気持ちはわかりますが、あまりいい印象には映らないことは確かです。

 

コンサートのために公式ペンライトが用意されています。

メンバーがグッズを考えている場合も多いので、公式のものを使うようにしましょう。

 

キンブレについてもっと詳しく解説!


 

キンブレについてですが、私はアイドルのコンサートに参加するまでは何なのか全く知りませんでした。

デビュー組では使用している人はかなり少数なのかなと思います。

 

くまこ
くまこ
もしかしたら最近は増えているのかも… 

 

キンブレとは、電池式ペンライトの商品シリーズ「キングブレード」の略称です。

アイドルに限らず、アーティストのライブや声優のイベントなどでペンライト代わりに使われています。

電池を取り替えれば半永久的に使用でき、使いまわしもできるので、節約のためにキンブレを使用しているファンもいるようです。

 

キンブレシートも売っている!


 

シンプルなデザインなので、自分の推しメンバーの名前をキンブレに貼ることができます。

コンサートで名前入れのキンブレを見かけるのは、このシートを貼っているからです。

 

コンサートでの使用は推奨されていませんが、オンライン配信やオタ友とのDVD鑑賞会で使用するのは全く問題ありません。

自分だけのオリジナルグッズを作ってみるのもよいかもしれませんね。

 

ペンライトのカラーはメンバーごとに変えるべき?

最初から最後まで推しのカラーのままでいいのか悩むかもしれません。

 

ほとんどは推しのカラーですが、

  • ソロやユニット曲のとき
  • 最後のあいさつのとき

は、話している(出ている)メンバーの色に変えています。

 

絶対変えなくてはいけないということではありませんが、ほとんどの人が変えているのでかなり目立ちます。

 

くまこ
くまこ
それが目的で変えてない人もいる…? 

 

どうしてもカラーを変えたくなくて、ペンライトを消している人も一定数いました。

もちろん強制ではありませんが、とくにこだわりが無ければ他のメンバーカラーに変えるメンバーも嬉しいと思います。

さらに、ペンライトの光が統一されるので、会場の一体感が生まれてキレイですよ。

 

マナーを守ってペンライトを使いましょう!

「自分がよければいい」とマナーを破ってしまう人も一定数います。

高い倍率のチケットに当選したのに、一部のファンのせいで楽しめないなんて悲しいですよね。

ファンのみなさんが気持ちよく参加するためには、一人ひとりがマナーを守ることが大切です。

「他の人もやっているから…」と悪い見本を参考にせず、推しのグループの迷惑にならない行動を心がけましょう。