混雑状況は?「文具女子博2018」に行ったので戦利品をご紹介!!

日本最大級の文具の祭典「文具女子博」が、2018年も開催されました。

2018年12月14日(金)~12月16日(日)の3日間の開催。

ちょうど東京旅行の予定があった私は、「これは行かなくては!」と思い、15日(土)に参加してきました。

会場は文具大好き女子たちで大変混雑していますが、参加するだけの価値はあります。

そこでこの記事では、「文具女子博 2018」に参加して感じた混雑状況と、購入した戦利品をご紹介します。

ぜひ来年の参考にしてみてくださいね。

\本を読むだけでも楽しめます/

目次

「文具女子博 2018」とは

文具の魅力を体験し、その場で購入していただける日本最大級の文具の祭典「文具女子博」。

出典元:文具女子博2018

初開催が2017年というまだ目新しいイベント「文具女子博」。

去年はなんと、3日間で2万5千人のお客様を動員したそうです。

入場料は、500(税込)

並びますが、チケットは当日購入することができます。

会場の広さは、昨年の約2倍となっているそうです。

「女子博」となっていますが、もちろん女子ではなくてもOK!

老若男女、さまざまな人たちが参加しています。

https://twitter.com/bungujoshi/status/1064481754629627904
https://twitter.com/Hallmark_Japan/status/1073135563274838016

会場の流通センターに到着!

12月15日、いよいよ参加当日です。

開催場所は「流通センター」

流通センター駅から歩いてすぐの場所です。

駅のトイレはタイミングによっては混雑しています。

女子トイレは2つしかないので時間がかかりますが、列に並ぶ前に済ませておきましょう。

さぁ、会場に着きました。

門を抜けると・・・

外ではかなりの人数が並んでいます。

この画像は13時頃のものですが、私が着いた10時半頃はこの2倍くらいの列があった気がします。
(もしかしたら、それ以上あったのかも……)

入場券は前もって購入しておくべし!

先ほどの列は入場券を購入していない人の列です。

入場券を持っている人は違う列に並びます。

この列はまったく混んでいなかったので、待ち時間ほとんど0で入場することができました。

入場券はできれば前もって購入しておいたほうがいいかもしれません。
当日券も買えるのですが、混雑しているので1時間以上待つことになる可能性も。

私はメルカリで譲っていただきました。

本当に助かりました。

事前の入場チケットの販売会は、プレイベントだけです。
でも、なかなか東京に行けない遠方に住んでいる人は困りますよね。

限定発売のオズマガジン「文具女子博2018認定ガイドBOOK かわいい文具と紙のモノ」にも入場券がついていたようです。


私は知らなくて、限定版を購入できませんでした。

2019年に開催されるときには、前売り券を準備しておいたほうがいいかもしれませんね。

(来年の開催は未定ですが、頭には入れておいたほうがよさそうです)

人気のある限定商品はすぐに売り切れる

欲しかった大仏クリップが売切れていました。

mizutamaさんデザインの文具女子博限定「ロルバーン」のコラボノートは、20分ほどで売り切れたみたいです。

文具女子博限定品や、数量限定のものは午前中に売切れてしまっているものが多いようです。

人気のワークショップのチケットも、すぐに完売してしまう可能性があります。
早めの来場が必須になりそうですね。

会場内の混雑具合は?

外には長い列がありますが、中もかなり混雑しています。

でも午前中の混雑は少ないほうです。

入口で人数制限をしているからなんだと思います。

歩けないほど通路が狭いのかと思いましたが、意外と歩きやすいです。

ただ時間が経つにつれ、どんどん人が増えていきます。
並ばないと見れないブースもありました。

やはり午前中が狙い目です。

お会計は混雑しているの?

初日の14日は1~2時間くらいお会計で並んだとSNSで見たので、かなり覚悟していました。

入場券ですぐに入れても、レジで並ぶんじゃないかと……。

しかし、待ったのは10くらいでした。

前日の教訓から、スタッフさんたちが改善してくれたようですね。
列は長くても、レジの数が多いのでスムーズに進みます。

クレジットカードと現金の列は別々になるのですが、現金のほうが早かったようです。
ちなみにクレジットカードは、VISAとMasterCardしか使えませんでした。

午前中は「レジが空いています」とアナウンスされていたので、目的のものだけ購入する場合は早めにお会計をしたほうがいいかもしれません。

お楽しみスポットが盛りだくさん

文具の販売だけではなく、ワークショップやスタンプラリーなど、楽しめるイベントがたくさんあります。

文房具のピンバッチのガチャガチャがありました。
混むかなと思っていたのですが、私が行ったときには並んでいませんでした。

1400円、2つ購入。

全部で20種類。

私は、

  • ツバメノートの「大学ノート」
  • 共和の「オーバンド」

が入っていました。

全種類、集めたくなるくらい可愛いです。

アニマルキーホルダーは、300円。

こちらは並んでいました。
動物のイラストを見てほっこり。
これは人気があるはずだ。

あとは、友達と盛り上がりそうな、顔ハメパネルもありました!
(3人まで入れるようです)

ほかには、コラボカフェがありました。

見た目が黒い「墨汁ーす」、飲めなかったのが残念……。

戦利品をご紹介!

それでは、私が購入したアイテムをご紹介していきます。

※販売しているブースの名前ではないのでご注意ください。

マスキングテープ

マスキングテープは見きれないくらい、たくさんの種類がありました。

私が好きな食べ物マステも購入。

イケメンシリーズ

イケメン付箋は、「文具女子博」限定。

イケメングッズ3つ購入で、「イケメンしおり」がもらえます。

(先生のしおりが欲しかったけど、私の前の人で売切れてしまいました)

文具女子博オルジナルグッズ

文具女子博でしか買えないコラボアイテムも販売しています。
普通のマッキーやのりに見える、「文具女子博」の文字がさりげなくかわいいです。

RiraRiraはんこのチョイスポチ!

RiraRiraさんの消しゴムはんこから生まれたポチ袋。
約100種類の中から10枚好きなデザインを選べます。

私が購入したときは100種類も無かった気がしますが、どの絵柄も味が合って全部集めたくなります。

パンまつり

パンのイラストが大好きなので、パンの付箋・シール・メモ帳を購入。

右下は、2点以上購入したときのノベルティです。

ゆるかわな「はにわ」グッズ

イラストが好みすぎて、2種類のメモ帳を購入しました。

↓裏側です。

使うのがもったいないくらい、かわいいです。

4枚選んで100円のマスキングテープ

たくさんあるマステの中から、好きなものを4つ選んで100円で購入することができます。
安い!!

同じイラストも選んでいいそうですよ。

お会計は7,560円に

控え目にしたつもりでしたが、合計7,560になりました。

文房具のピンバッチだけ、その場で支払う必要があるので、プラス800円が使ったお金になります。

お店で都度支払いでは無いので、つい買いすぎてしまいそうです。

イベントだとお財布の紐がゆるくなりやすいので、予算を決めておくとよいかもしれませんね。

混雑していても楽しめる「文具女子博」

初日が平日なのにかなり混雑しているという話しを聞いて、行く前から心が折れそうでした。

でも実際行ってみると、会計の混雑が解消されていたので、大きなトラブルはなかったようです。

行くのをあきらめていた人も、行って損はないと思っています。

会場限定のものや先行販売のもの、ワークショップやコラボカフェなど、見ているだけでも楽しめるイベントがあります。

行くかどうか迷っているなら、ぜひ参加してみてくださいね。
あなたのお気に入りにアイテムが見つかるかもしれませんよ!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

オホーツクを中心に食べ歩いた思い出を文章に残しています。北海道で主に出かけるのは、帯広市、旭川市、釧路市。好きなものは焼肉、お寿司、ラーメン。パンよりゴハン派です。

目次