【帯広】すし膳 あま池│赤酢のシャリが絶品!ひっそりたたずむ隠れ家みたいなお寿司屋さん

旅行に出かけたときは、毎回お寿司が食べられるお店を探すようにしています。

その土地の名産を食べるのもいいのですが、やはりお寿司はどこへ行っても裏切りませんね。

今回は、帯広のお寿司が美味しいお店を見つけました。

それでは、おじゃましまーす!(^_^)/

2021年7月22日13時

目次

すし膳 あま池の外観とアクセス

帯広の郊外に立地するお鮨屋さんです。

土地勘がないので、お店の周辺をぐるぐるさまよっていました。

外観は 古民家風の1階建。

高級寿司屋店のような見た目なので、フラッと入ってみようとはなりにくいかもしれないですね。

私も「ドレスコードあったらどうしよう……」と少し不安になりました。

駐車場はお店の両サイドにあります。

お店の入り口にはメニューと「営業中」と書かれた看板がありました。

すし膳 あま池
☆住所
帯広市西1条南17丁目17-1
☆営業時間
12:00~14:00 (LO.13:30)
18:00~22:00 (LO.21:30)予約制
☆TEL
0155-25-1190
☆定休日
第2・第4日曜日

店の雰囲気

ドキドキしながら、お店の中に入ってみると、感じのいいおかみさんが出迎えてくれました。

一気に安心感。

店内は靴を脱いで入ります。

席はすべて和室。

細い廊下の左側には4人席が2つの座敷、廊下の右側にはカウンター席があります。

襖が閉まっていたのでカウンター席は見ることができませんでした。廊下を歩く人に見られずに食事を楽しむことができるようですね。

今回は、廊下を歩いた奥にある和室の椅子席に通されました。

卓上には、ポット・急須・茶葉が置いてあり、お茶しながらゆっくり過ごせる雰囲気です。

ランチメニュー

ランチメニューは3種類。

  • 花 2,900円
  • さくら 1,800円
  • 寿 1,200円

(生寿司、天ぷら、小鉢、椀物、サラダ、果物)

お寿司の内容以外はすべて一緒。

値段の違いはお寿司の内容のようですね。

今回は、(私)さくら1,800円と(夫)寿1,200円を注文しました。

夜は完全予約制です。

夜のセットメニューは、梅1400円・竹2100円・松3200円とお任せコースがあるそうですよ。

注文品

ランチセット、まずは「さくら」と「寿」の共通のメニューが運ばれてきます。

小鉢(もずく酢、こんにゃく)
サラダ
果物(メロン)

もずく酢はゆず味でした。サラダには自家製ゴマドレッシングがかかっています。果物は季節によって違うようですね。


お次は揚げたての天ぷら3品。

レンコン・カボチャ・オクラでした。

天ぷらは抹茶塩につけて食べます。

サクサク食感で美味しい!この天ぷらを食べれるだけでも大満足です。

さらに3分後、握りと味噌汁が出てきました。

まずは、海老の味噌汁。

肝心の海老が写っていませんが……。

海老の出汁が濃厚で美味しいです。これは何杯でも飲めちゃいます♪

寿 1,200円

生寿司7巻セットです。

玉子のボリュームがスゴい!!

ホタテも入っているし、これで1,200円はかなりお得ですね。

ネタも大きめのなので、食べごたえがあり満足度も高いです。

さくら 1,800円

さくらは、生寿司 9貫セットです。

見た目も豪華ですね。

サーモン、いくらも入っています。

寿にも入っている玉子ですが、シャリがサンドされています。

横から見るとこんな感じ。

寿司ネタが美味しいのはもちろんですが、シャリにもご注目ください!

シャリがほんのり赤味ががっています。

シャリには、赤酢と沖縄黒糖を使っているそうです。

食べてみると酸味がまろやかで、何よりも素材のよさが引き立っている気がしますね。

赤酢のシャリは聞いたことがありましたが、黒糖も使用しているのは珍しいです。

ぜひ一度ご賞味ください。

まとめ

お会計のときに、15枚貯めると特製ごまドレッシングがもらえるサービス券をいただきました。

帯広に行ったときは、ぜひまた寄りたいですね。

それにしても、帯広は美味しいお店が多いなぁ〜。

私の胃袋がもう少し大きければ、もっと何店も行けるのに!と思ってしまいます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

オホーツクを中心に食べ歩いた思い出を文章に残しています。北海道で主に出かけるのは、帯広市、旭川市、釧路市。好きなものは焼肉、お寿司、ラーメン。パンよりゴハン派です。

目次
閉じる