【東京・秋葉原】キーズカフェ(KEY’S CAFE)秋葉原店|ゆっくりできる電源カフェ!

秋葉原に夫が用事があったので、私は時間を潰せるカフェを探すことにしました。

そこで見つけたのが、JR秋葉原駅南西側にある「キーズカフェ(KEY’S CAF)秋葉原店」。

KEY COFFEEが展開しているカフェで、氷温熟成®珈琲が売りです。

かなりゆっくりとした時間を過ごせましたよ。

それでは「キーズカフェ(KEY’S CAF)秋葉原店」がどのようなお店なのか、早速のぞいてみましょう。

おじゃまします(^^)

画像は201951日のものとなります。情報は更新しています。

目次

「キーズカフェ(KEY’S CAF)」へのアクセス

秋葉原駅の昭和通り口改札を出た右手にある、「キーズカフェ(KEY’S CAF)秋葉原店」。

ヨドバシカメラと秋葉原公園の前にあり、以前はメイドカフェだったそうです。

歩いてすぐなので、わかりやすいのが旅行者には嬉しいですね。

「キーズカフェ(KEY’S CAF)秋葉原店」の混雑状況

私は13時頃、お店を訪れました。

アクセス抜群ということもあって、店内は満席に近い状態でしたね。

1人席が多いので、1人で行くなら比較的席が空いていそうです。

どの時間が狙い目というよりは、タイミングかなと思います。

私の予想ですが、モーニングの時間やワンコインメニューが食べられる17時以降は混雑する気がします。そのため、13時〜17時の間くらいが狙い目かもしれません。

カウンター席ではパソコンをしている人から、スマホの充電をしている人まで様々。

回転率はあまりよくないかな…。

電源カフェというのがウリでもあるので、それはしょうがないですよね。

2〜3人で来て、席が空いていないから帰るという人が多かったです。

外から中の様子が見られるので、席が空いているか確かめてから入るとよいかもしれません。

「キーズカフェ(KEY’S CAF)秋葉原店」の店内の様子

全席禁煙で28席。

店内はとてもおしゃれで清潔感があります。

女性1人でも入りやすいです。

店内の雰囲気もスタッフの対応もとてもよかったです。

お一人様が多いからか、店内はそんなに騒がしくありませんでした。

集中して作業をしたいときにもおすすめです。

外国の方も結構いらっしゃいました。

トイレは男性用と女性用のふたつあります。

ただ忙しいからなのか、トイレットペーパーが切れていても補充されていない状態でした。

私のタイミングが悪かったのかも…(ちゃんとあとから補充されていました。)

電源とWi-Fi

「キーズカフェ(KEY’S CAF)」の魅力はなんといっても、コンセントを使える席が多いこと。

充電スポットとしてはかなり優秀です。

さらに、フリーWi-Fiも完備。

セキュリティ保護されていて、サクサク動くのも魅力です。

Wi-FiのIDとパスワードは、レシートに書いてあります。

壁側のカウンター席6席は、2つ口のコンセントが各席ひとつずつ用意されています。

壁側のカウンター席はかなり人気で、つねに人で埋まっている感じです。

真ん中のカウンター席10席は、ひとつ置きにコンセントが設置されています。

そのため、座る場所によってはコンセントが使えないことも。

席の真ん中に設置してくれたら、使いやすいんですけどね。

隣の方がiPadを使用していたので、使いやすいように空けていたのですが、やっぱり使いづらいよなぁと思いました。

「キーズカフェ(KEY’S CAF)秋葉原店」のメニュー

ドリンクメニューだけではなく、フードもデザートもあって種類が豊富です。

セットメニューもあるので、組み合わせ次第ではかなりお得かも。

私はドリンクのみでしたが、フードメニューを注文している人が多くて、かなり美味しそうでした。

次回はフードメニューも食べてみたい。

現金以外にSuicaやPASMOなどの交通系ICカードが使用できます。クレジットカードは使えませんでした。

レジに当日のレシートを持っていくと2杯目150円(コーヒーor紅茶orジュース)で飲めますよ。

私が注文したのは、

アールグレイティーラテ(480円税込)

2杯目に注文したのが、アイスティー(150円税込)

レシートでお安く飲めました。

滞在時間は4時間ほど、ゆっくりできましたよ。

女性ひとりでも行きやすい?

結論を先に言うと、女性ひとりでも行きやすいです。

カウンター席が多いので、ひとりでもまったく問題ありません。

雰囲気もおしゃれですしね。

席が空いていれば、ぜひ利用してみてください。

まとめ

「キーズカフェ(KEY’S CAF)秋葉原店」は、全国各地に店舗があります。

私も先日、帯広にキーズカフェがあったので行ってみました。一度行ったことがあるチェーン店なら入りやすいですね。

ただ、Wi-Fiがない店舗もあるのでご注意ください。

ゆっくりとした時間を過ごしたいときに、ぜひ利用してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

オホーツクを中心に食べ歩いた思い出を文章に残しています。北海道で主に出かけるのは、帯広市、旭川市、釧路市。好きなものは焼肉、お寿司、ラーメン。パンよりゴハン派です。

目次
閉じる